Category: 未分類

返済方法

お金を借りたならば、学生ローンでは、通常は指定の口座に振り込み返済します。借りたお金を一括で返せればそのまま一括返済しても構わず、一括返済が難しいとなると、毎月の分割返済です。

ブラックリスト返済が遅れると滞納となり、滞納が続くと信用情報に傷が付き、いわゆるブラックリスト入りします。ブラックリストに載ると、ローンの利用やクレジットカード発行が難しくなるので、返済計画を立てて、計画的に利用した方が良いでしょう。また滞納が続くと、督促状が届き、場合によっては親にも学生ローンを利用していることが伝わります。さらには滞納すると、延滞金が発生し、余計に多く返済しないとなりません。

学生ローンを利用し、滞納することは、1つも良いことがないので、返済日までに借りたお金は返すようにしましょう。どうしても返済日まで返せないとなると、返せないことがわかった時点で、利用している消費者金融に相談しましょう。相談すると、返済日を延ばす、または一時的に返済額を減らすなどの対応をしてくれます。返済日まで返せそうにもないのに、連絡もせずそのまま返せない状態を続けるというのは、行ってはいけません。返済できないなら、親に相談するという方法もあります。



借り方

学生ローンの申し込みをするときは、店頭に行って直接申し込むか、webで申し込むかの2通りがあります。どちらの方法をとっても、消費者金融による審査はあり、審査を通過すると融資となり、指定の口座に借入額を振り込んでくれます。近くに消費者金融の店舗があれば店頭まで行っても良いですが、なければweb申し込みが便利でしょう。web申し込みであれば、店舗が遠くにあっても来店不要となり、webだけで申し込みから融資まで完了します。

免許証申し込みには、免許証などの本人確認書類、印鑑、そして収入証明書が必要です。収入証明書は、アルバイトをしている方なら、源泉徴収票または給与明細となり、バイトして1年未満の方は、給与明細になるでしょう。学生であれば、ほとんどの方は学生ローンの利用は初めてとなるでしょうから、よほどのことがなければ、通常は審査は通過し、希望の金額を借りられます

ただ初めて学生ローンを利用する方であれば、いくら年収の3分の1を借りられるといっても、限度いっぱい借りるのは避けた方が無難です。お金を借りれば毎月返済することとなるので、借入額が多いとそれだけ毎月の返済も多く負担となり、返済できないかもしれません。



学生ローンとは

カード学生ローンは、学生を対象としたローンのことであり、主にカードローンになります。カードローンというと、社会人以上の安定した収入のある方を対象としていることが多いですが、学生ローンでは、学生のみを対象としています。申し込み対象となる方は、学生であること、さらにはアルバイトなどをしていて、安定した収入があることが条件です。やはりお金を借りるからには返済しないとならないので、返済できるだけの収入があることが条件となります。学生であればアルバイトが収入源となる方が多いですが、少しでも毎月アルバイトで収入があれば、申し込みは出来ます。

いくら借りられるか気になるところですが、消費者金融であれば、総量規制があります。これは利用者に対し、年収の3分の1までしかお金を貸してはいけないという法律です。たとえば毎月バイトで5万円の収入のある方は、年収が60万円となるので、その3分の1まで借りられます。アルバイトの収入の多い方ほど借りられる金額は多くなり、逆に少ないとあまり借りられません。ただ学生であり、さらにはカードローンの利用が初めてとなると、返済能力が低いとみられ、借入額が少なくなることもあります。借りるときに、使用用途を聞かれることがありますが、生活費などを答えて、ギャンブルなどと答えるのは避ける方が無難です。ただし借りた後のお金の使い道については、利用者の自由であり、これに使ってはいけないという決まりはありません。